貴女も排卵誘発剤で妊娠出来る!クロミッドが贈る幸せな家庭

クロミッドは不妊治療の第一歩

今現在日本は少子化が大きく問題となっております。
その一つの要因として不妊症などがあげられます。
もちろん女性だけでなく男性が原因がある場合も多いのですが、女性の不妊症は年々深刻となっております。
妊娠を希望しており不妊で悩んだ場合、不妊治療へと向かいますがまず一番の入り口としてタイミング法と言う方法を取ります。
このタイミング法で欠かせない治療薬が「クロミッド」なのです。
排卵誘発剤の1つであり第一選択として多用されております。
不妊治療と言うと中々難しいと感じる方もいらっしゃいますが、このクロミッドは服用するだけで大丈夫なのです。
もちろん排卵誘発剤なので、排卵以外が原因の不妊治療には適しておりません。
排卵が中々起こらない場合最適な方法と考えられております。
クロミッドの服用方法ですが、生理が始まってから3日から5日目に服用を始めます。
そしてそのまま5日毎日服用して下さい。
一般的には排卵は14日目に起こると考えられていますが、クロミッドを服用した場合も一般的と同じで14日目に人工的に排卵が起こるようにします。
これにより排卵日がより明確となり、性交渉のタイミングも従来より取りやすくなるのです。
排卵は通常1個しか排出されないのですが、クロミッドを服用した場合、1個~3個排出されます。
複数個排出されることによる、妊娠の確率も高くなるのです。
しかし複数個という事はそれだけ双子などに妊娠の確率も多くなってくるのです。
実際に排卵誘発剤を使用して双子を妊娠したという報告も多くされております。
双子の妊娠を絶対に避けたいという方には不向きかもしれません。
しかし不妊治療に挑む方の多くは妊娠が中々難しい方ばかりです。
双子でも妊娠できるのであれば逆にうれしいと感じるようです。
妊娠するのは簡単なように見えて実際は奇跡と言っていいものなのです。
不妊の治療は勇気のいる事ですが、排卵誘発剤はとても簡単で一般的な方法です。
排卵検査も簡単に行えるので、排卵が乏しい方などは第一歩としてこの方法を試してみましょう。
それでも中々妊娠できない方は、さらに検査をしてもうワンステップ進みましょう。
もちろんこの方法でも妊娠できないという方もたくさんいらっしゃいます。
通常服用始めてから1年妊娠しなければ他の方法を考えましょう。

クロミッドで不妊治療|排卵誘発剤|お薬なび