貴女も排卵誘発剤で妊娠出来る!クロミッドが贈る幸せな家庭

クロミッドの副作用

排卵誘発剤とは、卵巣から卵子が排出される事を促進させる効果を持つ薬になり、一般的に用いられるのが月経に基づく不順や無月経であるまたは排卵に障害が起こる事で不妊症の治療として用いられる事があり、不妊症と判断された際に一次選択としてクロミッドと呼ばれる薬剤を用いる事があり不妊治療では最終段階の特殊な医療器具を用いた人工あるいは体外での受精を行う場合にも妊娠する確立を高める為に投与される事もあります。
上記で記載したクロミッドは、クエン酸クロミフェンを成分としてその作用は自律神経の中枢とされる部位でもある間脳に働きかける事で黄体形成ホルモンの放出を促す事により脳下垂体より放出される卵巣刺激ホルモンが卵巣に作用する事で排卵を誘発する事が出来るとされ、用いられる場面は様々ですが基本としているのは月経が起こってから五日目から五日間の内服を必要と比較的に軽度程度の排卵の障害であれば内服により80%近くの確立で排卵を誘発させる事が出来るとされますが、実際に妊娠までに至る確立はこれよりも低いと考えられています。
また男性不妊と判断された際に医師の判断では応用して用いる事もあり、性腺刺激ホルモンは男性の方の下半身に懸下する睾丸に作用させる事もでき、内分泌機能を高める事ができ雄性ホルモンにより健康な精子形成を促してくれます。
卵巣や子宮あるいは乳房に癌が有る際には用いる事は出来ず、投与する事で症状を進行させ悪化させてしまう可能性があり、また子宮内膜症や筋腫等の既往歴がある際には病状の悪化等には十分な注意をした上での内服となり慎重な投与を必要とします。
排卵誘発剤の中でも作用が強力なものだけに副作用はほとんどの方が起こると考える事ができ、効き過ぎにより卵巣が腫れる事があり万一、内服中に下腹部等に張りを感じる事や痛みがある際には医師への報告を必要とし、他には頭痛や火照り、吐き気あるいは苛立ち等があり場合によっては目が霞む事があり視覚症状は念の為に眼科領域での検査を必要とする事もあります。