貴女も排卵誘発剤で妊娠出来る!クロミッドが贈る幸せな家庭

クロミッドの効果

排卵を生じさせる為に用いられるクロミッドとは、性腺刺激ホルモンの不足により起こる排卵障害を改善する事の出来る経口投与薬になり、成分クロミフェン ・クエン酸塩が脳に作用する事によって不足したホルモンの分泌を促進させる事ができ、分泌量を増加させる事で卵胞を大きく成熟させる事ができ、その結果排卵を誘発させる事ができ不妊治療の初段階である自然な妊娠を目指す為のステップアップ療法の一環として用いられる薬になります。
また誘発率も無排卵周期症の方でも80%近く、無月経でも70%近くあるので高い効果を期待する事ができますが排卵がある事は妊娠を確約するものではないので、妊娠の成立をみる例はこの%よりも少ないとされ、また本剤は女性の方のみの投与ではなく精子形成が不十分な男性不妊の際にも応用して治療に用いられる事があり、睾丸に作用する事で雄性ホルモンの分泌を高め良くなる事で健康で強い精子を形成させる事が出来る様になるとされます。
同類にはセキソビットがありますが、こちらと比較しても作用が強く確実な効果を期待出来るので第一の選択しとなり、代表的な誘発剤となりますが、欠点として子宮内膜への悪影響を及ぼす可能性や子宮頸管粘液の分泌を抑制してしまう事があり子宮筋腫や内膜症を持病として持つ方への投与は慎重に行わなければならない薬になります。
副作用は少なく吐き気や火照り、倦怠感、苛立ち、目が霞んで見える等の症状が現れ、視覚への症状が強い際には眼科領域で検査を必要とする事があり、また体への作用が効き過ぎてしまう事で卵巣が腫れてしまう事があり、投与中に下腹部等お腹に痛みや張りが出る様であれば医師への相談が必要となります。
不妊治療にはクロミッドを用いた比較的に安価な薬剤療法から高額な治療まで幾つかあり、自然に近い形での妊娠の成立を希望する際にはこの治療法が最も有効と考えられるので正確な排卵日を予測する為にも不妊の改善の為に検討して下さい。